夢にまで見たハウスクリーニングを開業するコツ

誰でも始められる業種

掃除用具

資格や許可は必要なし

ハウスクリーニングを開業するためには、特別な資格は必要ありません。基本的にやる気があり、資金面などの条件をクリアすれば誰でもハウスクリーニングを開業できます。また、ハウスクリーニング業を始めるにあたって、都道府県や市町村などに届け出をしたり、厚生労働省から認可を受ける必要もありません。ハウスクリーニングではなく、衣類の洗濯を行うクリーニング店をオープンするときには、法令により保健所への届け出が義務付けられているため、ハウスクリーニングを始めるときにも何らかの手続が必要だと誤解されることがあります。しかし、現実には届け出として必要なのは、税務署に対する開業届くらいのものです。個人が新たに事業を始めるときは、住んでいる住所を管轄する税務署長に対して、開業届を届けなくてはならないという規定があります。開業届の提出期限は、事業を始めた日から1ヶ月以内となっているので、忘れずに提出しておきましょう。ちなみに、ハウスクリーニング業を止めることになったときにも、税務署長に対して廃業届を提出しなくてはなりません。開業届を提出するときに、青色申告承認申請書や青色事業専従者給与の届出書なども、必要なら同時に提出しておくとよいでしょう。青色申告事業者となることにより、最高で年間65万円の青色申告特別控除が受けられるほか、家族や配偶者がハウスクリーニングの仕事を手伝ってくれる場合に、その人に支払う給与が経費として認められるようになります。

施術

接骨師会で開業する

整骨院や接骨院を開業しようとしている方へおすすめのサービスが接骨師会です。接骨師会とは、開業を行なう方のサポートを行なう事や、開業後の運用に関わるアドバイスを行なう機関です。

珈琲

基礎知識の習得が必要です

カフェを開業したいと考えている方は、食品衛生責任者や防火管理者の資格を取得しておきましょう。そのためには各都道府県などで行われている講演会に行く必要があります。またコーヒーを淹れる技術は社会人向けの専門スクールで習得できます。

食器

飲食店で使える食器

業務用食器が人気を集めている理由は、その使いやすさと頑丈さにあります。重ねることが可能であり、食器洗い機で簡単に汚れが落ちる業務用食器は飲食店だけでなく家庭や民宿などでも幅広く利用されているのです。今使っている食器が使いにくいならば、早めに業務用食器に交換していきましょう。