夢にまで見たハウスクリーニングを開業するコツ

基礎知識の習得が必要です

珈琲

将来、カフェの開業を予定している人がいるかもしれません。カフェを開業する場合、ある程度の基礎知識を身につけておくことをオススメします。基礎知識としては、カフェ経営で必要になる資格が大切です。カフェを開業する場合、次の資格が必須です。まず食品衛生責任者です。食品衛生責任者というのは、食品衛生一般についての責任者を言います。この資格は、都道府県の施行条例によって規定されています。資格を取得するには、管轄地域の保健所、都道府県などが行っている講習会を受講する必要があります。次に防火管理者です。防火管理者は、火災被害防止の防火管理業務を行うために求められる資格のことです。こちらは、都道府県、市区町村、日本防火・防災協会が行う講習会を受講します。資格についての詳しいことは、日本防火・防災協会に問い合わせてください。次に、カフェ開業に必要となる届け出や許認可です。まず食品営業許可で、この届け出は、食品製造、販売などの営業を行う時に必要です。それぞれの自治体によって、営業許可が必要な業種は多少異なります。食品営業許可は申請書を保健所に提出し、保健所が実施する施設検査に合格することが条件です。またカフェを名乗るからにはコーヒーを淹れたり、軽食を作る技術を身につける必要もあります。これら勉強は独学だと時間がかかってしまうので、専門学校で通うのがおすすめです。最近は社会人向けの専門学校で、土日に開校していたり夜間授業を実施しているところもあります。